2016年8月16日

檜水のルーツをご紹介!

皆様、こんにちはスマイル

お盆はいかがお過ごしでしたか?
オリンピック観戦をのんびりしているうちに
あっという間に終わってしまったような気がします。雫

しかし、多くの方々は故郷に帰られたのではないでしょうか?
今日は檜水の故郷について少しご紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

檜水の故郷は長野県南木曽にあります。四つ葉
原料となる樹齢300年以上の木曽ひのきは現在国有林内の管理の下、
大切に保管されており市場にはなかなか流通しない貴重な木材です。きらきら
最近では伊勢神宮の遷宮に用いられたことで話題にもなりました。テレビ

また、南木曽は寒冷地ですのでそこで育った木曽ひのきは年輪が細かく
その分成分がぎゅっと濃縮されていると言われています。オーケー

その貴重な木曽ひのきにこだわり南木曽の湧き水を利用して
作られたのが檜水です!!

檜水は消臭・除菌力に優れているだけではなくひのきの香りで
リラックスできます。ダブルハート

同じ南木曽にあります赤沢自然休養林は木曽ひのきの森で
「第1期森林セラピー基地」に認定され、毎年多くの方が森林浴・散策に
訪れています。歩く人
今の季節は川遊びもできますし、トロッコ電車に乗ったりと特にオススメです。オーケー

夢木香でも毎年「森林セラピーRツアー」を開催しており、今秋にも開催を予定しております。
開催時期が決まり次第、募集をさせていただきたいと思いますので是非ご参加ください。ウィンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お盆がすぎると少しずつ秋の気配を感じますが、今年は残暑が厳しいとのことですので
皆様、くれぐれも体調管理にはお気を付けください。バイバイ

20160801檜水2

B1 木曽檜林